読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

n-spec's diary

ハードルアー大好き!おっさんのバス釣りとバスボートのあれこれ

まだまだ全然・・・

病気が、治らずノラズ、バラシまくりのオッサンです。

水曜日は、イーグル205XのN島さんの航路案内のはずが、近場でマジ釣り大会となってしまい。相変わらずエクスキャリバーバズに出るも、掛けるもキャッチに至らず

ブーヤーブレーイドスピナーベイトで掛けてもバラシの連続でどうにか45cmと25cmの2匹をゲッツして何とか面目を保ちました。

で、あまりの悔しさに「木曜日もやってやる!」と準備をしていたら

イーグル165のN渕さん(弟)からお誘いの電話が入り、急遽一緒に

レッツゴーとなりました。

f:id:n-spec:20160609061434j:plain朝から結構な本降りの雨、時よりかなりの激しい雨で、所により雷雨の予報。

常識ある大人なら出航をやめる様な天候の中、釣りに関してはゆとり世代のオッサン達(ここはあえて達と・・・)根拠のない大丈夫と異常なまでのプラス思考で出船!

珍しく横利根を抜け、北利根を目指す!

途中、大曲とT安建材だけ寄り道、横利根の玉ねぎ地獄を嘆きながらボートを進める。

大曲はNB、T安建材でオッサンがエクスキャリバーバズでワンバイト、ワンノラズ!

「この時期って意外と風がなくても白いスピナーベイトが効くんだよね~」なんて言いながらデットスローで走行中にオカッパリが白いスピナーベイトで釣ってんじゃん!

「ほーらね!」なんて余裕こきながら北利根へ。

中流の水深のあるアシ際へワープしてとっとと釣り始める。

N渕君はライトラバージグ、おっさんはバズからスタート。

直ぐにN渕君にバイト!素早いセットフックで乗りかかるもバラシ!

オッサンっはバズからパッドクラッシャーへそして最近超お気に入りのPHカスタムルアーのSUB Pというクランクベイトへと変えていく。

このsubPってクランクベイトが全然潜らないのよ~!おっさんの使ってるラインで最大60cmくらいの潜航深度で利根川水系霞ヶ浦利根川水系)のアシ際釣るのにすごくあってると感じてる。

アシ際にキャストして2回ぐらいトィッチやジャークをかけてからリトリーブする感じで使っていく。スローでもヌタヌタ、ファストでもパタパタしっかり泳ぐから色々なスピード試してその日にアジャストできる。

十数投目にアシプラス流木ぽいカバーで掛けるもジャンプ一発バラシ!

まーまーいいサイズ!結構悔しい。その後、後が続かないので本湖へ移動!

いつもの石積にIN、PHルアーのsubPで2投目にヒット!

f:id:n-spec:20160609084427j:plain

鵜に噛まれた様な傷がある35cmクラス。2バラシしているのでこの一匹はうれしい!二人釣行なので本人写真ありってことで・・・。こんなおっさんの姿は誰も見たくないでしょうが・・・そこは・・・ほら・・・ってことで。

この後、石積、粗朶、漁港、石積と延々流してNB。

風も出てきたタイミングで妙義の鼻へ移動。

入口から右側のアシ際を流し始める。N渕君はライトラージグ、オッサンは普通ラバージグにベビーブラッシュホッグそのままトレーラー。

今どきの人たちには絶対つれないって言われそうなボリューム。

もし言われたら「だって大型バス狙いだから!」って言って釣れない言い訳にする予定。

N渕君すぐに持っていかれるようなバイトがでて合わせて乗りかかるもかからず。

少し後にオッサンにも待望のバイトがでるがすっぽ抜け。

「やっぱりこういう釣りは釣れる気がしない」などと言い訳をしつつ稲敷大橋でUターン。こっちのストレッチは葦が凸凹していていい感じ。

N渕君とエレキを交代しておっさんはポップRで流し始める。N渕君は、ノーシンカーワームとか、ネコリグとか必殺技をバックシートでぶちかましながらとにかく一匹を釣りにかかる。

多くの魚がアフターなのか全然スピードのついてこれていない感じ。

ポップRのアクションもポップ&ポーズでいつもより少しだけ止めてる時間を

取るような地味な釣りで2バイト全くノラズ。

それじゃーってんでコーデルC08のトィッチ&ポーズでキックバックでアシに

2回戻しで勝負!

f:id:n-spec:20160609113752j:plain

30cm後半のスローバイト!イチカワフィッシングのカマキリトレブル仕様でガッツリかけたりました!正直、フック外すの大変な位3本ともガッツリでした。

もう一発ミスバイトをとるも掛からずで「どうする俺たち?」状態。

ここで、決断しないと・・・。

「そうだ利根川へ逝こう!」超おバカさんって言われそうですが・・・。移動!

横利根を抜けて、閘門内でゲッツ!

f:id:n-spec:20160609130933j:plain

クランクベイトでごみが掛かったかと思ったらバスだった本日一匹目!

笑いながら閘門抜けて

いつものストレッチでNB。

狸島へ移動。

島周りでN渕君ブーヤーブレイドでゲッツ!

f:id:n-spec:20160609140244j:plain

中々良いサイズ!楽勝40アップゲッツ!本日2匹目。

島2ラップしてN渕さんにもうワンバイトあったがノラズ・・・。

Nのテトラに移動するもいまいち。

最後いつものストレッチをやってNB。

あきらめて閘門へIN。

ここでも悪あがきでN渕さんライトリグでワンバイト、のせられず。

オッサン、最近少し使い込んでみようと思ってるノイジーカテゴリー

ジッターバグキャスト後テーブターンで誘っているとバイトが出るもノラズ。

同じ所へ再度キャスト!(僕の先生が良いところは2回ぐらい投げておくと安全ですと言っていたので・・・。)

すると2回目のキャストでガボン!と激しいバイトで・・・

f:id:n-spec:20160609163312j:plain

40アップゲッツ!

N渕君に写真を撮ってもらってると・・・。

ラインが走ってN渕君もゲッツ!

f:id:n-spec:20160609163408j:plain

ナイスバスゲッツ!

こんな感じで大笑いしながら閘門通過。

その後、横利根の要所を悪あがきで打ちながら最後に世界一釣れていたアシでストップフィッシング。

N渕君家からの電話に出ているとラインが走って本日3本目ゲッツ!

f:id:n-spec:20160609170813j:plain

一日やった結果から推測するに、魚の活性は今一つで水面系は移動距離を極力少なくして誘いを入れてやること。

ライトリグ系は、動かさずに待つことが肝。

ってことで・・・。

N渕君申し訳ないがノラナイ性シカモバラス病を君に移して僕は回復への階段を一段上がらせてもらうよ~!

 

本日のおさかなゲッツタックル

ロッド:フルレンジC58M

リール:エランMTX73Lマイクロチューン

ライン:ナイロン20lb

ルアー:コットンコーデルC08

 

ロッド:フルレンジC63M/G

リール:エランPR54L

ライン:ナイロン15lb(アメリカ製)

ルアー:PHカスタムルアーズ SUB P

           : フレッドアボガスト ジッターバグ