読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

n-spec's diary

ハードルアー大好き!おっさんのバス釣りとバスボートのあれこれ

ブランチカップ

カスミブランチカップ 第1戦です。

冷たい雨や強風の影響でかなり厳しい状況の中いよいよスタートです!

僕が大会に参加するのは何年ぶりでしょうか?

最後に出たのが新利根川松屋さんの大会ですから6~7年ぶりですかね!

結構、気合と緊張が有って何とも言えない心持です。

f:id:n-spec:20150412071246j:plain

利根川はかなりの水温低下、Y利根ですら3℃チョイ下がっています。

霞ヶ浦本湖の方が悪天候や冷え込みの影響が少ない感じだと思いますが・・・。

7時!遂にスタート!

f:id:n-spec:20150412074047j:plain

厳しいのは解っていても利根川に出ました。

この後、どのような展開になってしまうのか!この時点では知る由もないオイラ!

当然、やる気満々「ゼッテー釣ってやる!」って感じ。

この先の写真は有りません。

なんせ大会ですから・・・。

って全く余裕が無いだけなんですけどね。

最初のスポットはY利根と本流のインターセクションの葦&ブッシュ。

プラ無しなのでシャローカバーをブーヤーブレード3/8WT白で流しつつ、キーになるブッシュをフルレンジC711Hで撃つ感じでスタート!

前回の釣行より水がクリヤーになり過ぎて釣り辛い!

と思っていたら7時44分。

N渕先生から「トリムが下がらないんですけど!」と入電!

直後にプレジャーボート保管のお客さんから「今から船を下して!」と入電その2!

釣りはひとまず中止で対応に走る!

まずはN渕先生の対応に急ぐ。

少し上流の公園下に居るとのこと、エンジン全開で駆けつける(15psですけど何か?)

水上ではどうにもならなそうなので、とりあえずエンジンを下げて走れるようにだけしてその場をしのぎマリーナへエンジン全開で移動!(15psですけど・・・)

プレジャーボートの下架作業を済ませる、しばらく走っていないボートなので着水してからエンジンルームの水漏れを点検。

始動しようとしたらメインスイッチがONのまま!ギョエギョエ!!

バッテリーを交換してエンジンスタート、油圧、水温を確認してOK!

プレジャーボートを送り出してホット一息!もう11時か~!!残り3時間、Y利根の移動&水門通過時間を考えると、釣りが出来るのは賞味1時間半ないくらい、マジか~!

「如何するオレ!」

 

 

ラウンド2に続く!