読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

n-spec's diary

ハードルアー大好き!おっさんのバス釣りとバスボートのあれこれ

夏休みを・・・

頂きましたので海に逝ってきました!

いつものチームオレカ号で、遠征&島で船中泊にて1泊2日のカジキ合宿のはずが

どうなる事やら・・・。

朝、横浜のマリーナに4:00集合、ビールを積んだり、焼酎を積んだり準備を済ませて5:00に出船。東京湾を南下して三崎をかわし一気に大島東側のオオムロを目指します。キャタピラー製のエンジンはトルクフルで扱いやすいです。

1750RPM・25ノットで巡航!海は穏やかで最高のクルージング。

オオムロに入りアウトリガーを広げ6セットでルアーを流し始める。

新島~三宅まで色々とスポットを変えながら引っ張るものの全く問題なし!

最後、三宅の三本の南側でシイラちゃんがポロっとヒットしただけでおしまい!風が強まり海が悪くなってきたので予定どうり神津島へ船を入れて係留。

f:id:n-spec:20140826183923j:plain

「風が随分と強くなって嫌な感じがするね」なんて話しながら天気予報を見る。

明日は収まる事を確認して晩飯。寿司屋に行って地の魚に舌鼓を撃ちながら明日の

作戦会議。その後、夜の桟橋でおみやげ用甲殻類確保のフィッシング!4匹ゲッツして早々にボートに戻り、シャワーを浴びて寝る。

翌朝、起きると大変なことに・・・風が昨日にもまして爆風になり、海は激荒、とても船を出せる状況では無い。アッチコッチのお天気サイトを確認してもこんなにフク予報は出ていない。前線の位置が悪く不安定な天候で予想が難しいのかもしれないがこれでは帰れない。仕方なくもう一泊、神津島で過ごすことに・・・。

ルアーの手入れをしたり、ビールを飲んだり、タックルの手入れをしたり、焼酎を飲んだり、ビールを飲んだり外は風が強く釣りすらできない感じ・・・ハァ~

発電機で使った分の燃料を200L程、補充して夜の部の準備。

f:id:n-spec:20140827123604j:plain

この日の晩飯は、船でカップラーメンパーティー!その後またおみやげ確保のフィッシングをして、シャワー&寝る。

翌朝、風が少し弱まっている、予報も波2mうねりを伴うとの事(全く信用できないけど)で7時に出船!

ところが、島をかわした辺りで驚愕の事実を目にすることに・・・

波高が3~4メートル、風でトップが崩れて洗濯機の様になっているではないか、パーフェクトストームと言う映画のシーンが頭をよぎる。

駄菓子菓子もう帰るしかない!そうジャックバウアーに「お前に選択の余地はない」とこめかみにピストルを突きつけられて叫ばれている感じ。およそ10ノット7時間かけてやっと三崎へたどり着く事が出来ました。三崎で燃料を1300L給油して横浜のマリーナへ帰ったとさ。

 

 

 

 

 

実は、途中、あきらめの悪い大人たちが「10ノット位ならルアー流しながら逝ってみる」なんて言ったもんだから、カジキがヒットしちゃったジャンね。アフトデッキに立ってらんない状態。更に横波、食らったらひっくり返る様なヤバい状況でよりによって・・・まったく・・・。

40分位ファイトして、おいらがやっとの思いでリーダーをつかみ、フライングギャフ取ろうとよろけた瞬間、ビルにリーダーが擦れてラインブレイク!

最悪な結末・・・150kgは軽く超えてたのに・・・。責任重大じゃん、全員テンションだだ下がりの重い空気・・・はぁ~

溜息しか出ないよ・・・まったく。

マリーナで船を洗ってから、反省会!基本的なヒット時の動きと各自の役割の確認、

フライングギャフの扱いの確認と置き場所の決定。これら全部ゲッツするための準備ですね。

でも、スッゲー綺麗だった!本当にブルーマーリンだった!あの色の鮮やかさ、輝きモノスゲー感動したよ心奪われた感じ!また、もう一回、見たい、会いたい!出来れば凪の良い時に・・・。