読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

n-spec's diary

ハードルアー大好き!おっさんのバス釣りとバスボートのあれこれ

メンバーさんの大会は・・・

中止になりました。(トホホ・・・)

この雨で利根川がドチャ濁りで流量も2000t近くなっています。

また、霞ヶ浦側ではJBのTOP50も開催している為、中止にしました。

再度、計画をいたします。

今朝のY利根川です。

f:id:n-spec:20140608075105j:plain

毎度の事ですが、水位は通常、濁りも少なく穏やかです。Y利根川の決戦をやるにはいい感じだと思います。

今回の大会のおじさんなりの作戦を書いてみたいと思います。

スタート時にセットするルアーはこんな感じです。

f:id:n-spec:20140608075336j:plain

左から、ズーム スピードクロー#グリパン10gテキサスリグ・エクスキャリバー プロバズ3/8oz(右曲り)・同じくプロバズ3/8oz(左曲り)・ボーマー スクエアーA5#FTカラー・スライダー 3”バスグラブ#プローブルー ノーシンカーの5セットです。メインパターンはY田浦の長島新堀(Y田浦川)の流れのインサイド側になる部分、シャロー際々をエクスキャリバーバズのスローリトリーブ。ミスバイトのホローでスピードクローのテキサスリグでカバーする。当日の状況(他の釣り人等)でどちらからでも流せるように左右両方の曲りのバズを準備、またプラではチャート系のカラーを使用していたが、前日の朝確認したら、この雨で薄らと茶色系の濁りが全域に入り始めていたので、スカートのカラーを白に変更した。更に陸釣りの方が入った後など際から魚が離れた時用にスクエアA。一段下を引き取りこぼしをしない様にする。長島新堀は魅了的なカバーが点在していて岸釣りのプレッシャーも有る、でも魚は居るのでそこをさらーっと流して拾うためにスライダーの3”バスグラブのピロ。濁りが更にきつくなったら水ヒマワリ、冠水ブッシュをテキサスのフリッピンでタイトに撃つ。っとマーこんな感じで逝く予定でした・・・悲し。

近々、メンバーさんとイーグル165引っ張って琵琶湖遠征行ってきます。どうなる事やら。多分、珍道中となると思います。またご報告いたします!